MENU
カソログ
仮想通貨で失敗しない「取引所」の選びかたを発信しています。

公務員人気No. 1の都庁を退職 ITベンチャー 2019年国内・米国株、不動産投資 「仮想通貨で失敗しない」をサポートするブログです

【FP2級、ITパスポート】
【実際に使った】仮想通貨おすすめ取引所5選 ➡︎CLICK !

ビットバンクとは何?メリット・デメリットを解説|仮想通貨(暗号資産)取引所Bitbank

カソログ

ビットバンクがどんな仮想通貨取引所か気になる……

今回は、こんな疑問に回答します。

ビットバンクとは何?

ビットバンクの特徴やメリットは?

ビットバンク(Bitbank)は、2014年に開設された信頼性の高い大手取引所

バンバン宣伝して知名度を上げるよりは、セキュリティや操作性の向上に力を入れています

ビットバンクのメリットを一部あげるなら……

  • 実は仮想通貨取引量が国内No. 1
  • セキュリティ国内No. 1だから安心できる
  • ハッキングゼロだから資産を守れる
  • マイナス手数料だから取引がお得
  • 本を出版しており権威性がある

などがあります

そこで今日は、ビットバンクとは何?メリット・デメリットを解説について書きました

ゼロからの初心者にもわかりやすく解説します

こんな人におすすめの記事
  • ビットバンクがどんな仮想通貨取引所か知りたい
  • ビットバンク(Bitbank)の会社情報やコンセプトが気になる
本記事の執筆者
  • カソログ(@kaso_log
  • 都庁を辞めてITベンチャーへ
    2019年から投資開始
  • ファイナンシャルプランナー2級、ITパスポート
カソログです
記事のまとめ

ビットバンク(Bitbank)は、2014年に開設された仮想通貨取引所です

  • 仮想通貨取引量が国内No. 1※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ
  • セキュリティ国内No. 1※2018年10月3日 ICORating調べ
  • アプリストア 国内No.1※2018年10月31日 iOS App Storeファイナンスカテゴリ 無料ランキングにて

\ 知る人ぞ知る王道の取引所 /

口座開設は無料(開設後も費用はかかりません)
仮想通貨バブルにそなえてチャンスをつかむ

すでに途中まで読んだ人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。

タップできる目次

ビットバンク(Bitbank)とは

ビットバンク(Bitbank)は、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です

2014年設立なので日本国内でも老舗の取引所になります

  • 販売所より取引所の取り扱い銘柄が多い
  • 低コストで売買できる

取引所の取り扱い銘柄が多いと、いいことあるんですか?

カソログ

取引所の方が希望金額で仮想通貨を買いやすく、手数料が安い傾向にあるからです

ビットバンクの3つのコンセプト

  • Integrity:何事にも真摯に取り組み、関わるすべての人を尊重する。率直に意見し、言行に責任をもち、誠実であることを誇る
  • Challenge:あらゆるチャンスを素早く捉え、最大の価値を実現し続ける。そのため、何事にもチャレンジし続ける
  • One team:何事にも仲間を信じて、仲間と一緒に取り組む

要は「言動に責任を持ち、仲間と一緒にチャレンジし続ける」ということです

会社情報

スクロールできます
商号ビットバンク株式会社
住所〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
設立2014年5月
代表取締役廣末紀之
従業員数従業員数 120名(2022年2月末時点)
資本金86億4,721万円
暗号資産
交換業登録
暗号資産(仮想通貨)関連事業
関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00004号

暗号資産交換業の登録番号 第00004号なので、早い段階から運営しているのが分かります

主な出来事

STEP
2014年
  • 5月 ビットチェック(株)を設立、日本初となるビットコインATMを西麻布に設置
  • 9月 日本初のビットコイン決済サービス「bitcheck pay」開始
  • 9月 ビットバンク(株)に商号変更
STEP
2017年
  • 3月 暗号資産取引所「bitbank.cc」開始
  • 9月 29日に暗号資産交換業者登録 (登録番号 第00004号)
STEP
2018年
  • 5月 Ripple(XRP)の出来高世界一を記録
STEP
2021年
  • 2月 1日あたりの現物出来高で過去最高を記録(827億円)、国内暗号資産交換業者で初めて、脆弱性発見者に報奨金を支払う「バグバウンティプログラム」を開始
  • 5月 月次取引高で過去最高を記録(1兆5,311億円)

日本初となるビットコインATMや国内暗号資産交換業者で初のバグバウンティプログラムなど、コンセプトの通りチャレンジしていく会社であることが分かります

住所

〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F

代表取締役:廣末紀之(ひろすえ のりゆき)

ビットバンク代表取締役CEO

  • 1991年 野村證券株式会社入社
  • 1999年 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)入社
  • 2006年 株式会社ガーラ代表取締役社長
  • 2014年 ビットバンク株式会社を創業
カソログ

廣末CEOは、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の会長や日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の理事を務めるなど、暗号資産界でも著名な人物です

ビットバンクの最新ニュース

(2022年7月4日更新)

IVS Crypto 2022 NAHA に代表取締役CEO廣末が登壇

廣末CEOがIVS2022 NAHA(2022年7月7日)に登壇するというニュースです

IVS2022 NAHAとは?
  • 新たな時代を牽引するインターネット企業の経営者・投資家が集結
  • 招待制カンファレンス

いま勢いのあるテレビゲーム会社のThirdverseや暗号通貨界のMiss Bitcoin藤本CEOの株式会社グラコネなど、次世代を担う会社が登壇します

カソログ

ビットバンクは信頼性が高く、めちゃくちゃ期待されているってことです

ビットバンク(Bitbank)の特徴

ビットバンクの「3つのNo. 1」

  1. 仮想通貨取引量が国内No. 1
  2. セキュリティ国内No. 1
  3. アプリストア 国内No.1
取り扱い銘柄18銘柄
最低購入額(BTC)0.001BTC
販売所の取引手数料無料

ビットバンクでは、数千円からビットコインが買えるため、仮想通貨初心者でも気軽に始められます

またビットバンクには、販売所と取引所の取り扱い銘柄が多いため、低コストで仮想通貨の売買ができます

販売所と取引所の違いは「仮想通貨取引所とは?「取引所」と「販売所」の違い・種類を解説」で詳しく解説しています。

ビットバンクの取り扱い通貨


ビットバンクは、取り扱い通貨が豊富です

ビットバンクの取り扱っている16通貨

  • BTC: Bitcoin(ビットコイン)
  • ETH: Ethereum(イーサリアム)
  • XRP: Ripple(リップル)
  • BCH: Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • LTC: Litecoin(ライトコイン)
  • MONA: Monacoin(モナコイン)
  • XLM: Stellar Lumens(ステラルーメン )
  • QTUM: Qtum(クアンタム)
  • BAT: Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG: OMG(オーエムジー)
  • XYM: Symbol(シンボル)
  • LINK: Chainlink(チェーンリンク)
  • MKR: Maker(メイカー)
  • BOBA: Boba Network(ボバネットワーク)
  • ENJ: Enjin Coin(エンジンコイン)
  • MATIC: Polygon(ポリゴン)
  • DOGE(ドージコイン)
  • DOT(ポルカドット)

ビットバンクの手数料

取引所手数料

Maker手数料–0.02 %※1
Taker手数料0.12 %※1
※1:一部銘柄を除く

販売所手数料

取引手数料無料
手数料相当額約3~5%

ビットバンクの細かい手数料は公式サイト より確認できます

ビットバンクのメリット・デメリット

メリット

  • セキュリティが高い
  • アプリからワンタップで買える
  • Makerがマイナス手数料

セキュリティが高い

ビットバンクはセキュリティ国内No. 1です
※2018年10月3日 ICORating調べ

セキュリティが国内でNo. 1の理由としては、

  • オフラインのコールドウォレットを採用
  • マルチシグで強固なハッキング対策
  • 高い技術力
  • 第三者機関による高い評価

があげられます

つまりどういうこと?

カソログ

セキュリティ対策が万全のため、ハッキングされたことは1回もなく、「信頼度の高い取引所」ということです

またビットバンクは、金融庁の仮想通貨取引所認可リスト に登録されています

アプリから数タップで買える

ビットバンクのアプリ画面は、とても見やすく、アプリから数タップで仮想通貨が購入できます

カソログ

実際に操作しても迷うことはないくらい、こだわったデザインです

UI(ユーザーインターフェイス)にかなり力を入れており、多くの時間と労力をかけて改善を繰り返しているそうです

アプリで「取引所」が使えない会社もありますが、ビットバンクでは「取引所」「販売所」ともに利用できます

難しい操作がないため、初心者にもわかりやすい設計です

ビットバンクのアプリでは「取引所」「販売所」ともに利用できる

Makerがマイナス手数料

仮想通貨を取引する際は、基本的に取引所を使います

手数料をおさえることができるからです

取引所を利用する際は、一般的にMaker(メイカー)手数料とTaker(テイカー)手数料がかかります

Maker手数料とTaker手数料?

簡単に言うと、

  • Maker:自分で価格を提示して売買
  • Taker:誰かが提示した価格で売買

ビットバンクは、Maker手数料が「マイナス手数料」に設定されています

カソログ

「マイナス手数料」なので、手数料はかからず報奨金がもらえます

Makerは注文の成立に時間がかかりやすいです

「マイナス手数料」を導入することで、仮想通貨の流動性を高め、Maker注文を成立しやすくしています

ビットコインのMaker(メイカー)注文では、手数料はかからず報奨金がもらえる

デメリット

  • レバレッジ取引ができない
  • レンディングの利回りが低い

レバレッジ取引ができない

ビットバンクでは、現物取引のみで、レバレッジ取引ができません

カソログ

レバレッジ取引は2019年4月でサービスを終了しています

レバレッジ=いわゆる「テコの原理」で、資金より何倍ものお金を動かしたい人は、ビットバンクをおすすめできません

レバレッジをかけたい銘柄はDMM Bitcoinなどを利用し、Maker注文でマイナス手数料を活用したいときはビットバンクといった使い分けも有効です

レバレッジ取引ができるおすすめの取引所

レンディングの利回りが低い

ビットバンクは、レンディングの利回りが高くありません

レンディングとは、自分の暗号資産をビットバンクに貸して増やすサービスです

  • 最大年率3%
  • 貸して1年後に受け取る
  • 利用料を加算してもらえる

最大年率が5%という取引所もある中で、ビットバンクは最大年率3%なので少し心もとないです

ただビットバンクのレンディングは全仮想通貨(暗号資産)に対応しているメリットもあります

今後もレンディングで取り扱う通貨を増やすと発表しています

ビットバンク(Bitbank)の口座を開設する方法

ビットバンク(Bitbank)の口座を開設する方法は、たったの3ステップです

また最短1日で口座開設できます

  1. メールアドレスを登録する
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 口座開設

口座の開設にどれくらいかかるの?

カソログ

開設の申請は10分程度で終わります

本人確認の審査には、1日〜1週間ほどです

本人確認に少し時間がかかるため、まず口座を開設して仮想通貨の買い時にそなえる人も多いです

ビットバンク(Bitbank)の口座を開設する方法の詳細

ビットバンクの出版物・本

ビットバンク株式会社として本を2冊出版しています

できるビットコイン入門

特に「できるビットコイン入門」はイラスト付きでとても分かりやすいので、初心者におすすめです

できるビットコイン入門

AmazonのKindle Unlimitedなら無料で読み放題なので、Kindle Unlimitedに加入している人におすすめです

  • 30日間無料(無料期間後は月額980円)
  • ビジネス書や投資本など200万冊以上が読み放題

Kindle Unlimitedの公式サイトはコチラ

ブロックチェーンの衝撃

「ブロックチェーンの衝撃」は、小難しさがあるので興味があれば……という感じです

Kindle版より書籍のほうが安い(ほぼ半額)ので、買うのであれば書籍がおすすめです

著:ビットバンク株式会社&『ブロックチェーンの衝撃』編集委員会, 監修:馬渕邦美
¥1,699 (2022/07/03 13:58時点 | Amazon調べ)

ビットバンクの安全にむけた取り組み

ビットバンクでは、安全にむけて主に4つのセキュリティ対策を講じています

コールドウォレット

ビットバンクのコールドウォレットは、外部のネットワークから完全に隔離されています

  • 完全なオフライン
  • マルチシグ(複数の分散管理)
  • 署名済トランザクションは物理的なデバイスを通じてネットワークに配信
カソログ

署名済トランザクションは「安全に送金する処理」というイメージでOKです

ホットウォレット

ビットバンクでは、利便性を損なわないためホットウォレットを採用しています。

ホットウォレットを使うと、

  • 仮想通貨をいつでも送れる
  • いつでも受け取れる
  • 利便性が高い

というメリットがあります。

またビットバンクのホットウォレットでは、セキュリティ上安全な物理的、仮想的に分散された鍵管理システムを採用しています

ホットウォレットとは、インターネットに常に接続された仮想通貨のお財布のようなもの

セキュリティーホールの報告

ビットバンクでは、「責任ある公開 (Responsible Disclosure)」を採用しています

ビットバンクでセキュリティーホールを見つけた場合は、ビットバンクの担当者に連絡できるようになっています

カソログ

つまり「万が一プログラムの不具合などがあったら報告してね。すぐ対応する。」ということです

セキュリティホールとは、プログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生したセキュリティの穴(欠陥)のことを言います

ISMS認証取得

ビットバンクでは、ISMS認証取得しています

ISMS認証とは

財団法人・日本情報処理開発協会(JIPDEC)が定めた評価制度

  • 第三者の審査機関が情報セキュリティマネジメントシステムを審査する
  • 国際標準と同等であれば認証が与えられる

ISMS認証は、セキュリティ対策は万全であるという証明にもなります

ウォレット対策やセキュリティーホールの報告、ISMS認証などほかの取引所よりセキュリティに重きをおいているのがビットバンクです

取引所全般のセキュリティは「仮想通貨(暗号資産)は安全?危険?取引所のセキュリティ問題も解説」で詳しく解説しています。

ビットバンク(Bitbank)のよくある質問

ビットバンクは仮想通貨取引所として認可されていますか?

ビットバンクは、金融庁の仮想通貨取引所認可リスト に登録されている国が認可した取引所です。

ビットバンクではアカウント作成や口座作成に料金はかかりますか?

ビットバンクのアカウント作成や口座作成は、無料です。

ビットバンクで口座維持費はかかりますか?

無料です。口座維持費はかかりません。

ビットバンクは危ない?怖いところは?

ビットバンクなどの取引所が危ないと言われるのはハッキングリスクです。ハッキングの怖いところは、暗号資産の流出や入出金の停止、売買取引の停止などがあります。ビットバンクは過去にハッキングされたことはなく、第三者機関から「セキュリティ国内NO. 1」の評価を獲得しています。

ビットバンクの偽サイトや詐欺などに注意する点は?

ビットバンクの注意点は下記の通りです。

  • 偽サイトやフィッシング詐欺に気をつけましょう
  • 成年年齢の引き下げに関して注意が必要です
  • 「国際的詐欺事件」及び「国際ロマンス詐欺」にご注意ください
  • 口座の譲渡・売買は禁止されているので注意しましょう
  • 暗号資産に関するトラブルが増えているのでご注意ください
ビットバンクの信頼性は?

ビットバンクの信頼性は高いと言えます。2018年10月3日 ICORating調べではビットバンクは「セキュリティ国内No. 1」の評価を獲得しています。ビットバンクは、第三者機関から高いセキュリティを認められているので安心です。ただし、仮想通貨取引所である以上は、ハッキングによる不正流出や取引所の閉鎖などのリスクはあります。

ビットバンク公式サイトはこちら

まとめ:ビットバンク(Bitbank)はセキュリティ万全の信頼できる仮想通貨取引所!

ビットバンクとは何?メリット・デメリットを解説について書きました

記事のまとめ

ビットバンク(Bitbank)は、2014年に開設された仮想通貨取引所です

  • 仮想通貨取引量が国内No. 1
  • セキュリティ国内No. 1
  • アプリストア 国内No.1
カソログ

ビットバンクは、取引量・セキュリティ・アプリでNo. 1を誇る信頼できる仮想通貨取引所です

\ 知る人ぞ知る王道の取引所 /

口座開設は無料(開設後も費用はかかりません)
仮想通貨バブルにそなえてチャンスをつかむ

最後に世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言を(勝手に)送ります。

愛を得るには、愛される人間でなければならない

ウォーレン・バフェット
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次