MENU
カソログ
仮想通貨で失敗しない「取引所」の選びかたを発信しています。

公務員人気No. 1の都庁を退職 ITベンチャー 2019年国内・米国株、不動産投資 「仮想通貨で失敗しない」をサポートするブログです

【FP2級、ITパスポート】
【厳選】実際に使った仮想通貨取引所5選 ➡︎ここをタップ

ビットフライヤーとは何?メリット・デメリットを解説|仮想通貨(暗号資産)取引所bitFlyer

カソログ

ビットフライヤーがどんな仮想通貨取引所か気になる……

今回は、こんな疑問に回答します。

かそうぐも

ビットフライヤーの情報が多すぎてよく分からない

ビットフライヤーの特徴やメリットは?

ビットフライヤー(bitFlyer)は、ビットコインの取引量が国内No. 1の日本最大級の取引所です
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットフライヤーを知ることで得られるメリットは

  • レバレッジ取引ができる
  • スムーズに口座開設できる
  • 松本人志を応援したい
  • bitFlyerクレカが分かる
  • ビットコインの取引量No. 1の取引所が知れる

などがあります

カソログ

ビットフライヤーは、貴重な「レバレッジをかけられる」仮想通貨取引所です

ビットフライヤーの存在は、ダウンタウンの松本人志さんのCMで知った人も多いのではないでしょうか

ビットフライヤーのCM

そこで今日は、ビットフライヤーとは何?メリット・デメリットを解説について書きました

ゼロからの初心者にもわかりやすく解説します

こんな人におすすめの記事
  • ビットフライヤー(bitFlyer)とは何か知りたい
  • ビットフライヤー(bitFlyer)の会社情報やコンセプトが気になる
本記事の執筆者
  • カソログ(@kaso_log
  • 都庁を辞めてITベンチャーへ
    2019年から投資開始
  • ファイナンシャルプランナー2級、ITパスポート
カソログです
記事のまとめ

ビットフライヤー(bitFlyer)は、2014年に開設された仮想通貨取引所です

  • ビットコインの取引量が国内No. 1
  • レバレッジ取引ができる
  • 7年以上ハッキングされていない次世代セキュリティ
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

すでに途中まで読んだ人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。

タップできる目次

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤー(bitFlyer)は、株式会社bitFlyerが運営している、日本の仮想通貨(暗号通貨)です

2014年設立なので日本国内でも運営歴の長い取引所になります

ビットフライヤーは、CFD取引に対応しています

かそうぐも

CFD取引ってなんですか?

CFD取引は、Contract for Differenceの頭文字をとったもので、「差金決済取引」のことを指します

カソログ

要は「レバレッジ取引」です

レバレッジ取引できない取引所が大半ですが、ビットフライヤーはレバレッジ取引に対応しています

ビットフライヤーの3つのコンセプト

  • ブロックチェーンで世界を簡単に。
  • ビットコインならビットフライヤー
  • miyabiを使った今までにない様々なサービスの提供

miyabi:独自のプライベートブロックチェーン。瞬時の国際送金や契約の自動執行など、世界最速の処理能力として期待されている。

会社情報

スクロールできます
商号株式会社bitFlyer
住所〒107-6233
東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー
設立2014年1月
代表取締役関 正明
従業員数従業員数150名(2020年5月末時点)
資本金41億238 万円(資本準備金含)
暗号資産
交換業登録
暗号資産(仮想通貨)関連事業
関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00003号
株主株式会社 bitFlyer Holdings
カソログ

暗号資産交換業の登録番号 第00003号なので、日本では3番目の早さで登録しています

主な出来事

STEP
2014年
  • 1月 株式会社bitFlyer設立
  • 5月 ポイント交換サイト「モッピー」でビットコインへの交換サービスを開始
  • 12月 ポイント交換サイト「ポイントエクスチェンジ」でビットコインへの交換サービス開始
STEP
2016年
  • 1月 ポイント交換サイト「PeX」でビットコインへの交換サービスを開始
  • 2月 株式会社マネーフォワードとの業務提携
  • 3月 FX専業で初となる、セントラル短資FXとの「ビットコインプレゼントキャンペーン」実施
  • 4月 FX専業で初となる、マネースクウェア・ジャパンとポイント交換連携を実施
  • 8月 bitFlyerが2016年上半期のビットコイン取引量国内第1位を達成
  • 12月 次世代ブロックチェーンmiyabiを開発
  • 6月 仮想通貨取引利用者のメールアドレス・パスワード等の盗取による不正出金被害の補償を開始
  • 6月 国内初 仮想通貨交換事業者向け仮想通貨決済サービスに関わる賠償責任保険を共同開発
  • 8月 丸井グループにビットコイン決済サービス提供開始
STEP
2018年
  • 1月 bitFlyerEUROPE S.A.のPayment Institution License取得及び欧州事業開始。日本・米国・欧州連合における仮想通貨交換業のライセンス取得は世界初
  • 2月 プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した実証実験
STEP
2019年
  • 8月 Tポイント・ジャパンとの業務提携し、Tポイントをビットコインに交換
STEP
2020年
  • 3月 日米欧の合計顧客数が250万人突破
STEP
2021年
  • 12月 日本初のビットコインが貯まるクレジットカード「bitFlyer クレカ」を発行開始
    ※ 株式会社ショッパーズアイ調べ調査方法:国内に於ける暗号資産付与のクレジットカード展開状況に関するデスクリサーチ及びヒアリング調査(2021年10月8日~20日)調査対象:金融庁HP「暗号資産交換業者登録一覧」31社(2021年10月4日時点)
カソログ

日本初のビットコインが貯まるクレジットカード「bitFlyerクレカ」が要チェックです

モッピーなどのポイント交換サイトとの連携や「Tポイントをビットコインに交換」など新しいサービスを提供している

住所

〒107-6208 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー

代表取締役:関 正明(せき まさあき)

ビットフライヤー代表取締役

  • 1982 年 3 月 一橋大学経済学部 卒業
  • 1982 年 4 月 株式会社日本興業銀行
  • 2002 年 1 月 みずほ証券株式会社
  • 2008 年 5 月 米国みずほ証券 副社長
  • 2011 年 4 月 ドイツ証券株式会社 内部監査部
  • 2013 年 11 月 野村ホールディングス株式会社
  • 2019 年 1 月 株式会社SBI証券 執行役員 海外事業管理部、監査部
  • 2020 年 2 月 株式会社 bitFlyer Holdings 執行役員
  • 2022 年 3 月 株式会社 bitFlyer 代表取締役(現任)
カソログ

ビットフライヤーは、社長が頻繁に変わるため、ニュースになることが多いです

ビットフライヤーHD、3年で4度目の社長交代

ビットフライヤーの最新ニュース

(2022年8月10日更新)

ビットフライヤーがMATICとMKR上場へ

ビットフライヤーに、仮想通貨(暗号資産)MATICとMKR取り扱い開始

追加予定の仮想通貨は、

  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)

の2種類です

ポリゴン(MATIC)とメイカー(MKR)について
  • 取り扱い開始日は未定
  • アルトコイン販売所での取り扱い
  • 取引所サービスやつみたてサービスでは対象外

取り扱っている取引所では、

  • メイカー(MKR):ビットバンク、GMOコイン
  • ポリゴン(MATIC):ビットバンク

という状況なので、今回の取り扱いは比較的早いと言えます

カソログ

アルトコインの値上がりは、何十倍、何百倍になることがあるので、チェックしたいですね

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーの主な特徴

  1. ビットコインの取引量が国内No. 1
  2. 仮想通貨FXに強い
  3. 7年以上ハッキングされていない次世代セキュリティ
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
取り扱い銘柄17銘柄
最低購入額(BTC)販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
販売所の取引手数料無料
※別途スプレッドがあります

ビットフライヤーでは、販売所で1円からビットコインが買えるため、仮想通貨初心者でも気軽に始められます

1円の少額からスタートできるというのは、初心者には嬉しいポイントでしょう

カソログ

販売所の取引手数料は無料ですが、スプレッドが広いため、取引コストが高めです

※スプレッド:購入価格と売却価格の差。その差を手数料として負担します。

仮想通貨の取引所と販売所の違いは「仮想通貨取引所とは?「取引所」と「販売所」の違い・種類を解説」で詳しく解説しています。

ビットフライヤーの取り扱い通貨


ビットフライヤーは、取り扱い通貨が17通貨あり、順次拡大しています

ビットフライヤーの取り扱っている17通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)

ビットフライヤーのメリット

  • ビットコインの取引量が国内No. 1
  • 初心者にやさしいアプリ設計
  • レバレッジをかけて取引できる

ビットコインの取引量が国内No. 1

ビットフライヤーは、ビットコインの取引量が「6年連続で国内No. 1」です
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

まさにビットコインのパイオニア的存在。

販売所ならビットコインは1円から購入できるのも嬉しいポイントです

ビットコインだけでなく、リップルやイーサリアム、ビットコインキャッシュなど 15 種類の仮想通貨が「1円」から購入できます

初心者にやさしいアプリ設計

ビットフライヤーのアプリ画面は、シンプルでとても見やすいです

また、アプリ内に「暗号通貨初心者向け 初心者ガイド」があり、仮想通貨初心者にやさしいアプリ設計になっています

それぞれの仮想通貨にアイコンがついているため、視覚的にも分かりやすく、間違った取引を防ぎます

アプリ内に「暗号通貨初心者向け 初心者ガイド」があり、初心者にやさしい

レバレッジをかけて取引できる

ビットフライヤーでは、現物取引とレバレッジ取引ができます

カソログ

レバレッジ取引ができる数少ない取引所です

レバレッジ=いわゆる「テコの原理」で、資金より何倍ものお金を動かしたい人は、ビットフライヤーがおすすめです

ビットフライヤーでは、最大2倍までレバレッジを高められます

ビットフライヤー以外でも、レバレッジが可能な取引所がありますので、取引所ごとに使い分ける方法も有効です

レバレッジ取引ができるおすすめの取引所
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

ビットフライヤーの手数料

取引所手数料

BTC(ビットコイン)0.01〜0.15%
アルトコイン0.01〜0.15%

販売所手数料

取引手数料無料
手数料相当額スプレッドあり
※購入価格と売却価格の差

ビットフライヤーの細かい手数料は公式サイト より確認できます

ビットフライヤーのデメリット

  • スプレッドが広い
  • 出金手数料が高い

スプレッドが広い

上述したように、ビットフライヤーはスプレッドが広いです

スプレッドが広いと、販売所の取引コストが高くなります

カソログ

つまりビットフライヤーは、スプレッドが広いため、高い手数料相当額を負担することになります

何回も取引をするとコストがかさむので、取引数はできるだけ少なくしましょう

出金手数料が高い

ビットフライヤーは、出金手数料が高めに設定されています

出金手数料とは、ビットフライヤーから自分の銀行に出金する際にかかる手数料です

ビットフライヤーの出金手数料

3 万円未満3 万円以上
ビットフライヤー
➡︎ 三井住友銀行
220 円(税込)440 円(税込)
ビットフライヤー
➡︎ 三井住友銀行 以外
550 円(税込)770 円(税込)

ビットフライヤーをメイン取引所で使う場合は、三井住友銀行を利用するか、出入金の回数をおさえるなど対策しましょう

手数料をおさえるために、出入金の回数をおさえたり、仮想通貨を長期保有したりすればOKです

ビットフライヤーの口座を開設する方法

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座を開設する方法は、たったの3ステップです

また最短1日で口座開設できます

  1. アカウントを作成する
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 口座開設
かそうぐも

口座の開設にどれくらいかかるの?

カソログ

開設の申請は10分程度で終わります

本人確認の審査には、1日〜1週間ほどです

本人確認の審査には時間がかかるため、まず口座を開設して仮想通貨の買い時にそなえる人も多いです

ビットフライヤーの口座を開設する方法

ビットフライヤーの安全にむけたセキュリティ対策

ビットフライヤーでは、安全にむけて主に4つのセキュリティ対策を講じています

ビットフライヤーでは、マルチシグをというセキュリティシステムを採用しています

かそうぐも

マルチシグ?難しい単語が出てきました

マルチシグは簡単に言うと「ビットコインを送るときに複数のチェック(署名)をする」ことです

一方でシングルシグは、単一のチェック(署名)のことを指します

複数のチェックが入ることで、サーバー攻撃や誤送金を防ぎやすくなります

カソログ

シングル(単一)よりマルチ(複数)でチェックしているので、セキュリティが向上しているんだな。という認識でOKです

ビットフライヤーでは、すべてのビットコインがコールドウォレットに保管されています

コールドウォレットとは、ネットワークから隔離されたお財布の役割をもっています

コールドウォレットは

  • 多数の物理セキュリティロック
  • 24 時間監視システム

により強固に守られております

オフラインで保管し、24 時間監視している

DigiCert(デジサート)の採用

ビットフライヤーでは、DigiCert(デジサート)を採用しています

DigiCert(デジサート)とは?
  • 世界最高の認証システムの1つ
  • 法的、物理的に存在していると認証
  • ドメインの所有者であることを認証
  • サーバー証明書の中で最も厳格な審査

要は、「アドレス(ドメイン)の正式な所有者であると国際的な水準で認められている」ということです

ちなみに対応しているウェブサイトであれば、アドレスバーが緑色になるらしいです(気にしたこともなかった)

DigiCert(デジサート)は、国際水準の認証システム

かそうぐも

ファイアウォールって聞いたことはあるんだよね……

ファイアウォールとは、外部のネットワークから自分のパソコンなどを守るシステムです

  • 外部からの不正なアクセスを遮断
  • サーバーで動作しているサービスとの通信を制限

ファイアウォールによって社内環境を主に以下のように最適化しています

  • フィルタリング機能:パケットを検査
  • アドレス変換機能(NAT):外部からアクセスできなくし、内部のセキュリティを高める
  • 遠隔操作、監視機能:遠隔によるファイアウォール設定やログの確認

ファイアウォールで制限できないウェブアプリケーションへの通信内容はWAF検査で対応

ビットフライヤー(bitFlyer)のよくある質問

ビットフライヤーのよくある質問をまとめました。

ビットフライヤーは仮想通貨取引所として認可されていますか?

ビットフライヤーは、金融庁の仮想通貨取引所認可リスト に登録されている国が認可した取引所です。

ビットフライヤーではアカウント作成や口座作成に料金はかかりますか?

ビットフライヤーのアカウント作成や口座作成は、無料です。

ビットフライヤーでパスワードが設定できません。

ビットフライヤーでは、以下のようなパスワード制限があります。

  • パスワードは 9 文字以上、100 文字以下
  • よく使われる文字列「123456789」「password」「asdfghjkl」などは使用不可
  • アルファベット小文字・アルファベット大文字・数字・記号のうち最低 2 種類を含める
ビットフライヤーが取り扱う対応通貨は?

ビットフライヤー(bitFlyer)では 17種類の通貨を扱っています(2022年8月現在)。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)
ビットフライヤーでトラブルが起きたことはある?

ビットフライヤーのトラブルとして、緊急メンテナンスがあった過去がありますが、ハッキング等が起きたことはありません。

まとめ:ビットフライヤー(bitFlyer)は今後に期待したい仮想通貨取引所!

ビットフライヤーとは何?メリット・デメリットを解説について書きました

記事のまとめ

ビットフライヤー(bitFlyer)は、2014年に開設された仮想通貨取引所です

  • ビットコインの取引量が国内No. 1
  • レバレッジ取引ができる
  • 7年以上ハッキングされていない次世代セキュリティ
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
カソログ

ビットフライヤーは、ビットコインの取引量が多いので安心感があります
またレバレッジをかけたい人におすすめの仮想通貨取引所です

最後に世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言を(勝手に)送ります。

時代遅れになるような原則は、原則ではない

ウォーレン・バフェット
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次