MENU
カソログ
仮想通貨で失敗しない「取引所」の選びかたを発信しています。

公務員人気No. 1の都庁を退職 ITベンチャー 2019年国内・米国株、不動産投資 「仮想通貨で失敗しない」をサポートするブログです

【FP2級、ITパスポート】
【厳選】実際に使った仮想通貨取引所5選 ➡︎ここをタップ

コインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法!本人確認は危険?仮想通貨取引所

カソログ

コインチェックの口座を開設したい…

今回は、こんな疑問に回答します。

かそうぐも

コインチェックの口座を開設する方法は?

本人確認は危険?

「どうやって口座を開設したらいいか分からない」「コインチェックの本人確認は危険なの?」と悩んでいませんか。

コインチェックで口座開設するメリットの一部をあげると、

  • 最短10分で口座開設できる
  • 500円から仮想通貨が買える
  • アプリの画面が分かりやすい
  • プライム上場企業が親会社で安心できる
  • アプリダウンロード数No.1の取引所
    ※2020年1月〜12月(データ協力:App Annie)

などがあります

そこで今日は、コインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法!本人確認は危険?について書きました

口座の開設手順について写真をつかって、わかりやすく解説します

\ TRY NOW /

口座開設は無料(開設後も費用はかかりません)
事前に口座開設して値上がりにそなえよう

こんな人におすすめの記事
  • コインチェックの本人確認は危険か知りたい
  • コインチェックの口座を簡単に開設したい
本記事の執筆者
  • カソログ(@kaso_log
  • 都庁を辞めてITベンチャーへ
    2019年から投資開始
  • ファイナンシャルプランナー2級、ITパスポート
カソログです

すでに途中まで読んだ人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。

タップできる目次

コインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法

アカウントを登録する

STEP
コインチェック公式サイト から「口座開設(無料)はこちら」をクリック
STEP
メールアドレスとパスワードを入力 >「登録する」
STEP
該当する画像をすべてクリック>「確認」
STEP
メールアドレスの確認
STEP
確認メールが届く(英語または日本語)
  • 赤枠部分をクリック
STEP
「OPEN」をクリック
  • コインチェックのアプリのリンクです
STEP
アプリをインストールする
STEP
アプリをひらく

電話番号を認証する

STEP
アプリをひらいてログインする
STEP
アカウント作成時に入力したメールアドレスとパスワードを入力する
STEP
確認メールが送付される >メールアプリを起動
STEP
確認メール(英語または日本語)の赤枠部分をクリック
STEP
「各種重要事項を確認する」をクリック
STEP
すべてチェックする
STEP
各種重要事項 > 本人確認書類を提出する
STEP
電話番号認証 > SMSを送信する
STEP
OKをクリック
STEP
SMSに送信される認証コードを入力 >認証する
STEP
アプリを開く
  • PCで登録の操作をしている→「アプリのQRコードを表示」→スマホのカメラ機能で読み込む
  • スマホで登録の操作をしている→すでにアプリはインストール済みのため、ブラウザを閉じてアプリを起動する
カソログ

もう少しで完了です!

本人確認する

STEP
アプリを開く > 本人確認
STEP
「基本情報を入力」をクリック
STEP
基本情報を入力する
STEP
「該当しない」をクリック > 確認
STEP
本人確認書類を提出する
STEP
本人確認書類を選ぶ
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
STEP
「はい」 > 案内に従って本人確認書類を提出する
STEP
本人確認書類を提出後 > ご利用規約 > 同意して次へ進む
STEP
本人確認が「現在確認中です」と表示される
  • 本人確認が完了したら口座が開設されます
  • 本人確認期間は、1日〜1週間程度です
  • 今回の確認期間は約26分でした(13時46分に申請→15時12分に口座開設完了メールが届きました)
カソログ

おつかれさまでした!

口座開設完了

本人確認申請から1日〜1週間程度で、口座開設完了メールが届きます

スクロールできます
日本円の入金銀行口座入金、コンビニ入金、クイック入金
通貨の購入販売所タブからコインを選んで「購入」> 500円から購入できます

口座開設が完了したら2段階認証を設定しましょう

コインチェックの本人確認は危険?

コインチェックの本人確認は危険なのでしょうか。

コインチェックの本人確認時、免許証や顔写真をアップするため、

  • 個人情報が漏れてしまうのではないか
  • 免許証などの本人確認書類はどうなるのか
  • アップした顔写真は誰が管理するのか

などと不安になり、本人確認の危険性を知りたいと思うでしょう。

本人確認の危険性

コインチェックの本人確認は危険ではありません。

コインチェックの本人確認は危険ではない理由として、

  • 金融庁の許可を得ている
  • 東証一部上場企業マネックスグループが運営
  • 国内暗号資産アプリダウンロード数No.1

などがあげられます。

法令を遵守する金融庁が許可しており、個人情報保護の規制が強い上場企業が運営元です

カソログ

コインチェックは国内暗号資産アプリダウンロード数No.1で、多くのユーザーから支持されています。

コインチェック(Coincheck)とは

コインチェック公式サイト

コインチェック(Coincheck)は日本の仮想通貨(暗号資産)取引所です

金融庁の仮想通貨取引所認可リストに登録されています

コインチェックの特徴

  • マネックスグループ(東証プライム上場企業)のコインチェック株式会社が運営
  • 国内暗号資産アプリダウンロード数No.1
  • 500円からビットコインを購入可能
    ※2020年1月〜12月(データ協力:App Annie)
取り扱い銘柄18銘柄
最低購入額500円
販売所の取引手数料無料

コインチェックの特徴やメリット、デメリットは「コインチェックとは何?メリット・デメリットを解説」で詳しく解説しています。

コインチェックの取引アカウント・決済アカウント・貸暗号資産(仮想通貨)アカウントの違い

コインチェックのアカウントは3種類あります

  • 取引アカウント
  • 決済アカウント
  • 貸暗号資産(仮想通貨)アカウント

パソコンのアカウント画面

取引アカウントはスマホアプリ、パソコンで利用できます

一方、決済アカウント、貸仮想通貨アカウントはパソコンのみ対応しています

用途スマホアプリパソコン
取引アカウント仮想通貨の売買など
決済アカウント支払いなどの決済用
貸暗号資産(仮想通貨)アカウントレンディング
(貸し出し)

取引アカウント

コインチェックに初めて登録した際に作られるのが「取引アカウント」

カソログ

仮想通貨の売買や送金など、主な取引ができるアカウントです

スマホアプリ、パソコンに対応しているのが特徴

支払いなどの決済やレンディング(仮想通貨の貸付)は決済アカウントや貸仮想通貨アカウントを作成する必要があります

取引アカウントのメリット
  • 仮想通貨の売買できる
  • 仮想通貨の送金や受取
  • 各仮想通貨のチャート確認
  • ウォレット(資産)の残高確認
  • アカウント情報などの確認および変更

決済アカウント

仮想通貨で決済したいときに利用するのが「決済アカウント」

カソログ

決済サービスが利用できるアカウントですが、使用頻度は低いです

例えば「自分のお店でビットコイン決済したい」ときに決済アカウントを使います

スマホアプリには対応していないので注意が必要です

決済アカウントのメリット
  • 仮想通貨で決済できる
  • 決済情報の確認・管理
  • 決済レポートの確認

仮想通貨決済に対応しているお店は少ないですが、増加傾向にあります

貸暗号資産(仮想通貨)アカウント

仮想通貨でレンディングしたいときに利用するのが「貸暗号資産(仮想通貨)アカウント」

カソログ

レンディングは仮想通貨を取引所に貸し付けて利子を得る投資方法です

メリットとしては、

  • 仮想通貨を取引所に貸し出すだけ
  • 銀行より高い利率「5%」前後
  • リスクが低い

などがあります

銀行の利率は0.01%などですが、レンディングの利率は5%前後と高め。

カソログ

貸し出した分の仮想通貨は取引できないので、保有している仮想通貨が余っている人におすすめの手法

レンディングできる取引所

レンディングは保有している仮想通貨が余っている人におすすめ

スマホアプリには対応していないので注意が必要です

貸暗号資産(仮想通貨)アカウントのメリット
  • 仮想通貨のレンディングができる
  • レンディングにより利子を受け取れる
  • レンディング状況を確認・管理できる
コインチェックでレンディングする方法や仕方は?
  1. 「取引アカウント」>「貸暗号資産アカウント」に切り替える
  2. 貸暗号資産アカウントの作成に同意する(同意は初回のみ)
  3. メニュー「コインを貸す」を選択 >貸出したい暗号資産を選択 > 「貸出期間」「貸出数量」を入力する > 「貸出申請をする」をクリック
    ※貸出満期後に自動的に再度貸出したい場合は「返却時に再度貸出申請を行う」にチェックを入れる

コインチェックの口座開設でよくある質問

コインチェックの取引アカウント・決済アカウント・貸暗号資産(仮想通貨)アカウントの違いは?

コインチェックのアカウントは3種類あります

取引する際に使う取引アカウント、決済サービスを導入・管理できる決済アカウント、仮想通貨をレンディングできる貸暗号資産(仮想通貨)アカウントがあります。コインチェックでは主に取引アカウントを使います。

コインチェックの銀行口座は?

コインチェックの銀行口座確認する方法は以下の通りです。

  1. Coincheckの取引画面から「日本円の入金」をタップ
  2. 入金方法の「銀行入金」を選択(GMOあおぞらネット銀行または住信SBIネット銀行)
  3. 振込先の口座情報が表示されるので、指定口座に希望の金額を振り込む
GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行または住信SBIネット銀行から振り込むと、銀行振込手数料は無料です

まとめ:コインチェックは簡単に口座開設できる!

コインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法!本人確認は危険?について書きました

\ TRY NOW /

口座開設は無料(開設後も費用はかかりません)
事前に口座開設して値上がりにそなえよう

カソログ

コインチェックはスマホから安全に口座開設できます

かそうぐも

口座開設したあとは、どうすればいいの?

口座開設が終わり、2段階認証が完了したら、取引所口座に入金してみましょう

口座開設したら読む記事

最後に世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言を(勝手に)送ります。

「今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいいのです。」

ウォーレン・バフェット

カソログ(@kaso_log)でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次