MENU
カソログ
仮想通貨で失敗しない「取引所」の選びかたを発信しています。

公務員人気No. 1の都庁を退職 ITベンチャー 2019年国内・米国株、不動産投資 「仮想通貨で失敗しない」をサポートするブログです

【FP2級、ITパスポート】
【5ステップ】10分でわかる仮想通貨の基本講座 ➡︎CLICK !

仮想通貨(暗号資産)の儲かる仕組みとは?メリットや投資のリスクを解説

バーチャルキャッシュ
カソログ

仮想通貨(暗号資産)の儲かる仕組みが知りたい…

今回は、こんな疑問に回答します。

仮想通貨の儲かる仕組みとは?
メリットやリスクはある?

そこで今日は、仮想通貨(暗号資産)の儲かる仕組みとは?メリットや投資のリスクを解説について書きました

ゼロからの初心者にもわかりやすく解説します

こんな人におすすめの記事
  • 仮想通貨(暗号資産)の儲かる仕組みについて知りたい
  • 仮想通貨(暗号資産)に投資するメリットやリスクが気になる
本記事の執筆者
  • カソログ(@kaso_log
  • 都庁を辞めてITベンチャーへ
    2019年から投資開始
  • ファイナンシャルプランナー2級
    ITパスポート
カソログです
記事のまとめ
  • 仮想通貨の儲かる仕組み
    現物取引、FX、レンディング、マイニング、イベント、ポイントサイト
スクロールできます
メリットリスク
現物取引初心者でも始めやすいボラティリティが高い
FXハイリターンハイリスク
レンディング高利率預けている間は取引できない
マイニング成功した報酬が仮想通貨コストが高い
イベント基本的に無料でもらえる詐欺の場合がある
ポイントサイト気軽に始められる還元率が低い

すでに途中まで読んだ人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。

タップできる目次

仮想通貨(暗号資産)の価格の決まり方

仮想通貨の価格は、需要と供給(買いたい人と売りたい人)で決まります

仮想通貨は管理者がおらず、みんなで管理しているからです

一方で、法定通貨(円やドル)の価格は、国の信頼度によって決まります

法定通貨を管理する国が、通貨や紙幣の発行・回収できるからです

わかりやすい比較表

スクロールできます
法定通貨仮想通貨
管理者国(中央銀行)不在(みんなで管理)
価値国の信頼度需要と供給
価格のコントロールできるできない
システム中央集権
(=単体で管理)
自律分散
(=複数で管理)

日本銀行(中央銀行)の政策委員会が日本円をコントロールしています

仮想通貨(暗号資産)の儲かる仕組みとは?

仮想通貨は儲かる仕組みを主に6つです

現物取引から始めるのがおすすめです

わかりやすい表

スクロールできます
メリットリスク
現物取引初心者でも始めやすいボラティリティが高い
FXハイリターンハイリスク
レンディング高利率預けている間は取引できない
マイニング成功した報酬が仮想通貨コストが高い
イベント基本的に無料でもらえる詐欺の場合がある
ポイントサイト気軽に始められる還元率が低い

現物取引

現物取引は、仮想通貨を売買する方法です

簡単に言うと「安いときに買って、高いときに売る。」ことです

仮想通貨は取引所で売買する

株式が売買できる証券取引所があるように、仮想通貨が売買できる仮想通貨取引所があります

取引所によって手数料に差があるので、取引所の選び方は重要です

また仮想通貨は「0.0001」などの単位で売買できるため、500円などの少額から購入できます

まずは「安いときに買って、高いときに売る。」を経験する

FX

仮想通貨のFXは小さい元手で大きく増やすため、ハイリスクハイリターンな方法です

「てこ」というレバレッジで倍率を上げることで、何十倍もの利益になることがあります

一方で、何十倍もの損失する可能性もあります

カソログ

今すぐFXをやりたい場合は、無理のない範囲でトライしましょう

レンディング

仮想通貨を貸し出すことで、利益を得るのがレンディングです

銀行の利率は0.01%などですが、レンディングの利率は5%前後と高いです

貸し出している仮想通貨は取引できないので、保有している仮想通貨が余っている人におすすめです

マイニング

仮想通貨を手に入れる方法として困難なのがマイニングです

マイニングは「発掘」という意味で、仮想通貨の取引を検証して証明すると、報酬として仮想通貨がもらえます

個人のマイニングは難しい

マイニングは個人では難しいです

マイニングする整備費用や膨大な計算にかかる電気代が高額だからです

また高額な費用を払ったとしても、マイニングできないことがあります

マイニングの大手企業があるなど、企業が儲ける仕組みがマイニングです

個人がマイニングで儲けるのは難しい

イベント

仮想通貨を無料で配布されるイベントがあり、エアドロップと呼びます

新しい仮想通貨や資金調達の際に宣伝などで配布されます

エアドロップの特徴

少額ですが、基本的に無料でもらえるのが特徴です

リスクなく仮想通貨をゲットできるので、仮想通貨を売買するのはこわい人におすすめです

流れとしては「エアドロップの情報を見つける→参加する→無料配布」です

ポイントサイト

ポイントサイトで貯まったポイントを仮想通貨に交換できます

ポイント還元率は高くないので、多くの仮想通貨を手に入れるのは難しいと言えます

気軽に仮想通貨を手に入れたい場合にポイントサイトはおすすめです

ポイントサイトは、ハピタスやモッピーが有名

仮想通貨(暗号資産)の儲かる仕組みのメリット

メリット

仮想通貨(暗号資産)は安全なんですか?

ボラティリティが高い

仮想通貨は、ボラティリティが高いため利益を得やすいです

価格変動が大きいため、差額を利用して売買できるからです

ボラティリティが高い分、損する可能性もあります

カソログ

余剰資金の範囲で運用することで大切ですね

24時間365日取引ができる

仮想通貨は、24時間365日取引ができます

管理者が不在でネット上のデジタル通貨だからです

FXや株式と違って、自由に好きなタイミングで取引できます

  • FXは基本的に平日のみ
  • 株式は日中の6時間程度のみ

少額から取引できる

仮想通貨は、少額から取引できます

売買単位が小数点以下まで指定できるからです

ワンコインから始められる

ビットコインであれば、0.0000001 BTCという単位で購入でき、500円程度で売買が可能です

日本の大手企業の株式だと1株100万円というものも多いです

日本は1株が高額のため、株式投資が浸透しにくいと言われています

一方で、仮想通貨であればワンコインで始められます

「少額から始めてみたい」「仮想通貨に興味がある」人にぴったり

仮想通貨(暗号資産)の儲かる仕組みのリスク

リスク管理

仮想通貨は、法定通貨に代わる通貨として期待されています

一方で、高いボラティリティ(変動率)が特徴であり、価格の変動が大きいです

価格の変動が大きい

1ヶ月で500%増加したと思えば、次の日に半分になっていることも珍しくありません

必ず儲かるわけではなく、資産を失うリスクがあるのが仮想通貨です

リスクを防ぐにはどうすればいいの?

仮想通貨だけでなく変動する商品に対しては、

余剰資金の範囲で投資するのが原則」です

「億り人になりたい」からと全資産を仮想通貨に投資するのは危険です

仮想通貨は適切に運用すれば、儲かる可能性がある

仮想通貨の詐欺

仮想通貨の詐欺にも種類があります

  • 必ず値上がりすると言って架空の銘柄を販売
  • 仮想通貨の新銘柄と偽って資金を調達する
  • ニセ取引所の設立として資金を集める など

仮想通貨の盗難のリスクもあります

  • 取引のためとパスワードを聞き取る
  • 偽サイトに誘導し仮想通貨を送付させる
  • ハードウォレットを狙う など

詐欺を見分けるのは難しいです

仮想通貨の話が出たら、まず「インターネットで検索」しましょう

最新情報がリアルタイムに分かるTwitterでの検索も有効です

「銘柄+詐欺」「資金調達している人物名‪+‬詐欺」で検索

検索することで詐欺と分かる確率が上がります

不確実な情報が多いネット社会だからこそ、情報の取捨選択が大事

まとめ:仮想通貨のリスクと上手く付き合おう!

仮想通貨(暗号資産)の儲かる仕組みとは?メリットや投資のリスクを解説について書きました

記事のまとめ
  • 仮想通貨の儲かる仕組み
    現物取引、FX、レンディング、マイニング、イベント、ポイントサイト
カソログ

仮想通貨のリスクと上手く付き合えば、メリットはたくさんです!

最後に世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言を(勝手に)送ります。

「ゆっくり金持ちになりたい人はいないよ」

ウォーレン・バフェット
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次へ
タップできる目次
閉じる