MENU
カソログ
仮想通貨で失敗しない「取引所」の選びかたを発信しています。

公務員人気No. 1の都庁を退職 ITベンチャー 2019年国内・米国株、不動産投資 「仮想通貨で失敗しない」をサポートするブログです

【FP2級、ITパスポート】
【厳選】実際に使った仮想通貨取引所5選 ➡︎ここをタップ

GMOコインとは?メリット・デメリットを解説|仮想通貨(暗号資産)取引所ジーエムオーコイン

カソログ

GMOコインがどんな取引所か気になる……

今回は、こんな疑問に回答します。

かそうぐも

GMOコインの情報が多すぎてよく分からない

GMOコインの特徴やメリットは?

GMOコイン(ジーエムオーコイン)は、取扱い通貨数が22種類と多く、手数料の安い日本最大級の取引所です

また2年連続オリコン顧客満足度「No. 1」を獲得しています※ 2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引

GMOコインを選んだメリットの一部をあげるなら

  • 2年連続オリコンの顧客満足度No.1※1
  • レバレッジ取引やステーキングなどサービスが充実している
  • スマホアプリが使いやすく、初心者向け
  • 最短10分で口座を開設できるので、すぐ取引できる
  • プライム上場しているGMOグループなので信頼性が高い

そこで今日は、GMOコインとは何?メリット・デメリットを解説について書きました

ゼロからの初心者にもわかりやすく解説します

こんな人におすすめの記事
  • GMOコインがどんな取引所か知りたい
  • 仮想通貨の口座を開設してもよい取引所か心配
  • CMや広告で見かけるGMOコインが気になっている
本記事の執筆者
  • カソログ(@kaso_log
  • 都庁を辞めてITベンチャーへ
    2019年から投資開始
  • ファイナンシャルプランナー2級、ITパスポート
カソログです
記事のまとめ

GMOコイン(ジーエムオーコイン)は、2018年に開設された仮想通貨取引所

  • 2年連続オリコンの顧客満足度No.1※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引
  • 取扱い仮想通貨が業界トップクラス
  • レバレッジ取引ができる手数料の安い取引所

GMOコインの公式サイトはこちら

すでに途中まで読んだ人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。


GMOコイン公式サイト
取扱通貨数22種類
取引手数料(販売所)無料
※スプレッドあり
取引手数料(取引所)Maker:-0.01〜-0.03%
Taker:0.05〜0.09%
入金手数料即時入金:無料
ビットコイン最低購入額販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ最大2倍
サービス暗号資産FX
貸仮想通貨
つみたて暗号資産
ステーキング
公式サイトGMOコイン公式サイト
タップできる目次

GMOコイン(ジーエムオーコイン)とは

GMOコイン(ジーエムオーコイン)は、GMOコイン株式会社が運営している、日本の仮想通貨(暗号通貨)です

GMOグループが培ってきたIT・金融関連事業でのノウハウを活かし、安心のセキュリティ体制と取引環境を提供しています

GMOコイン
  • 関東財務局長 第00006号
  • プライム上場しているGMOインターネットグループ
  • 2年連続オリコン顧客満足度「No. 1」
    ※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引

プライム上場しているGMOインターネットグループのGMOコインは、取扱い仮想通貨が多く、手数料が安いという特徴があります

テレビCMでGMOコインを知った人も多いのではないでしょうか

GMOコインのテレビCM

会社情報

GMOコインのコンセプト

  • 安心して気軽に始められる
  • 信頼と実績のGMOインターネットグループ
  • 堅牢なセキュリティ、管理体制
  • 最短10分でお取引開始
  • 豊富な取引スタイル
スクロールできます
会社名GMOコイン株式会社
住所〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)
設立2016年10月
代表取締役社長石村 富隆
従業員数従業員数70名※PASONAより
資本金37.58億円(準備金含む)
暗号資産
交換業登録
関東財務局長 第00006号(暗号資産交換業)
関東財務局長(金商)第3188号
加入協会一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本資金決済業協会
主要株主GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
4U株式会社
カソログ

主要株主のGMOインターネット株式会社 は、インターネット関連事業を行う東証プライム上場企業です

豊富な取引スタイルが特徴
・国内最大級の取扱銘柄数
・トレードや相場状況に合わせた取引
・WebTraderなどの取引ツール

主な出来事

STEP
2016年
  • 10月 GMO-Z.comコイン株式会社設立
STEP
2017年
  • 5月 正式サービス開始
  • 8月 GMOコイン株式会社に社名を変更
  • 9月 イーサリアム、ビットコインキャッシュの取扱開始
  • 10月 ライトコイン取扱開始
  • 11月 リップル取扱開始
STEP
2018年
  • 4月 石村富隆が日本仮想通貨交換業協会理事就任
  • 5月 仮想通貨FXアルトコイン4銘柄追加
  • 9月 取引所サービス開始(ビットコインのみ)
STEP
2019年
  • 1月 J2リーグFC琉球の2019シーズンオフィシャルトップパートナー就任
  • 2月 取引所(レバレッジ)取引専用ツール「WebTrader」リリース

住所

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)

代表取締役:石村 富隆(いしむら とみたか)

GMOコイン代表取締役社長

STEP
三菱UFJ〜GMO以前

1997年 東洋信託銀行株式会社 入社
2003年 株式会社ライブドア 入社
2010年 株式会社My外貨 代表取締役

STEP
GMO〜代表取締役社長

2013年 GMO CLICK UK LIMITED取締役 CEO
2018年 GMOコイン株式会社 代表取締役社長
2022年 GMOインターネット株式会社 グループ執行役員

GMOコインの最新ニュース

(2022年7月25日更新)

ドージコイン(DOGE)取扱開始

GMOコインは2022年7月6日より、ドージコイン(DOGE)の取り扱いを開始を発表

ドージコイン(DOGE)の特徴
  • 通貨名:ドージコイン(DOGE)
  • 取扱いを開始:2022年7月6日
  • 取扱い取引:販売所、つみたて暗号資産
  • 時価総額ランキング:10位
  • ドージコイン公式サイト
カソログ

ドージコインはビットコインより2倍以上も送金スピードが速いのが特徴で、手数料も安く設定されています

GMOコインの特徴

GMOコインの主な特徴

  1. 直感的で初心者でも簡単に取引ができる
  2. レバレッジ取引が可能
  3. FXでレバレッジをかけた「暗号資産FX」
取り扱い銘柄22銘柄
最低購入額(BTC)販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
販売所の取引手数料無料
※スプレッドあり

GMOコインでは、0.0001BTC(数百円)からビットコインが買えるため、仮想通貨初心者でも気軽に始められます

カソログ

1,000円以下で簡単に買えるハードルの低さは嬉しいですね

GMOコインの取り扱い通貨


GMOコインの取り扱い通貨は、22種類です

カソログ

22種類は、業界トップクラスです

  • 現物取引:21種類
  • レバレッジ取引:5種類
  • 販売所:19種類
  • 暗号資産FX:10種類

今後も増える取扱い通貨に期待できます

GMOコインの取り扱っている22通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)

2022年7月6日から「ドージコイン(DOGE)」の取扱いを開始

GMOコインの主な手数料

GMOコインは手数料が無料になるサービスが多いです

取引手数料

販売所無料※スプレッドあり
取引所(現物取引)Maker:-0.01〜-0.03%
Taker:0.05〜0.09%
取引所(レバレッジ)無料
暗号資産FX無料

入出金手数料

日本円入金無料(即時入金)
日本円出金無料
暗号資産(仮想通貨)入金無料※マイナーに支払う手数料は負担
暗号資産(仮想通貨)出金無料

GMOコインの細かい手数料は公式サイト より確認できます

GMOコインの口座を開設する方法

GMOコインの口座を開設する方法は、たったの3ステップです

またGMOコインの口座開設は申請から「最短10分」で完了します

GMOコインの口座開設の流れ

本人確認審査を申請してから8分で口座開設できました

  1. アカウントを作成する
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 本人確認の審査完了(口座開設)
かそうぐも

口座の開設にどれくらいかかるの?

カソログ

公式サイトでは「申請から最短10分で開設」と記載しています

今回は「わずか8分」で開設できました

GMOコインでは「最短10分でお取引開始」と案内している通り、簡単に口座開設できます

本人確認の審査に時間がかかることもあるため、まず口座を開設して仮想通貨の買い時にそなえる人も多いです

GMOコインの口座を開設する方法

GMOコインのメリット

  • マイナス手数料の導入
  • 取扱い仮想通貨が多い
  • レバレッジ取引ができる

Makerはマイナス手数料

GMOコインのMakerはマイナス手数料を導入しています

かそうぐも

Makerってなに?

Makerは取引所の売買方法のことで、簡単に言うと、

  • Maker:自分で価格を提示して売買
  • Taker:誰かが提示した価格で売買

と言い表せます

取引所を利用する際は、一般的にMaker(メイカー)手数料とTaker(テイカー)手数料がかかります

カソログ

自分で価格を提示して売買した場合は「マイナス手数料」となり、手数料はかからず、逆に日本円を受け取ることができます

GMOコインのMaker(メイカー)注文では、手数料はかからず報奨金がもらえる

取扱い仮想通貨が多い

GMOコインの取扱い通貨は「22種類」です

取扱い通貨数は業界トップクラスで、順次拡大しています

2022年7月6日から「ドージコイン(DOGE)」の取扱いを開始

レバレッジ取引ができる

GMOコインでは、現物取引とレバレッジ取引ができます

カソログ

レバレッジ取引ができる数少ない取引所です

レバレッジ=いわゆる「テコの原理」で、資金より何倍ものお金を動かしたい人は、GMOコインがおすすめです

GMOコインでは、最大2倍までレバレッジを高められます

GMOコイン以外でも、レバレッジが可能な取引所がありますので、取引所ごとに使い分ける方法も有効です

レバレッジ取引ができるおすすめの取引所
  • GMOコイン:「顧客満足度No.1」「2つ目の取引所におすすめ」※1
  • DMM Bitcoin:「たくさんの仮想通貨でレバレッジをかけたい」
  • bitFlyer:「ビットコインの取引量が国内No. 1」※2

※1:2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引
※2:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

GMOコインのデメリット

  • レバレッジ取引できる通貨が少ない
  • 追加証拠金(追証)制度がある

レバレッジ取引できる通貨が少ない

GMOコインは、レバレッジ取引できる通貨は5種類です

一方で、同じくレバレッジがかけられる暗号資産FXでは、10銘柄を取り扱っています

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)

取引所でレバレッジ取引したい通貨がない場合は、暗号資産FXだと希望の通貨が見つかるかもしれません

カソログ

多くの銘柄でレバレッジ取引したい場合は、DMMビットコインのがよさそうです

・レバレッジ取引できる通貨:5種類
・暗号資産FXの取扱い通貨:10銘柄

追加証拠金(追証)制度がある

GMOコインでは、追加証拠金(追証)制度があります

追証とは、相場の動きによって追加の入金が必要になる制度です

GMOコインの追証は「証拠金制度の導入(2021/4/21以降)に関するご案内 」で案内されています

仮想通貨の追証は聞き慣れませんが、「暗号資産FX、取引所レバレッジ」が対象取引なので売買には注意が必要です

GMOコインと他の取引所の比較

GMOコインとビットバンクの違いを比較

GMOコインとビットバンクの違いを比較した結果は以下の通りです

  • 「国内の取引量No. 1※1」「セキュリティを重視したい」ならビットバンク
  • 「顧客満足度No.1※2」「レバレッジ取引したい」ならGMOコイン
    ※1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
    ※2:2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物
カソログ

どちらも手数料が安く、取扱い仮想通貨も多いです

迷ったら、
セキュリティ重視なら「ビットバンク」
レバレッジしたいなら「GMOコイン」でOKです

GMOコインとビットバンクの違いを比較

GMOコインのよくある質問

GMOコインは仮想通貨取引所として認可されていますか?

GMOコインは、金融庁の仮想通貨取引所認可リスト に登録されている国が認可した取引所です。

GMOコインではアカウント作成や口座作成に料金はかかりますか?

GMOコインのアカウント作成や口座作成は、無料です。

GMOコインはいくらから買える?

GMOコインの販売所は0.00001 BTC、取引所は0.0001 BTCから購入できます。時価によりますが、0.0001 BTCは数百円です。

GMOコインの購入制限は?

GMOコインの販売所では、ビットコインの取引上限が100BTC/日に設定されています。

GMOコインが取り扱う対応通貨は?

GMOコイン(ジーエムオーコイン)では 20 種類の通貨を扱っています(2022年8月現在)。

・ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・イーサリアム(Ethereum/ETH)
・エックスアールピー(XRP/XRP)
・トロン(Tron/TRX)
・ライトコイン(Litecoin/LTC)
・モナコイン(Monacoin/MONA)
・ネム(NEM/XEM)
・ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
・クアンタム(Qtum/QTUM)
・オーエムジー(OMG Network/OMG)
・ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
・ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
・テゾス(Tezos/XTZ)
・エンジンコイン(EnjinCoin/ENJ)
・シンボル(Symbol/XYM)
・カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)
・ポルカドット(Polkadot/DOT)
・アイオーエスティー(IOST/IOST)
・ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)

GMOコインでトラブルが起きたことはある?

GMOコインのトラブルとして、システム障害が起きたことはありますが、すぐ復旧されています。またハッキング等のトラブルは起きていません。

2021年2月20日
システム障害のお知らせ 現在、システム障害によりサービスに繋がりにくい状況になっております。 ご迷惑をおかけいたしますが、復旧まで今しばらくお待ちください。 現在、原因調査と影響範囲の特定を進めております。 お客様へは多大なご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

Twitter

GMOコインのセキュリティ対策

GMOコインでは、安全にむけて主に3つのセキュリティ対策を講じています

GMOコインでは、ユーザーの仮想通貨はすべて、コールドウォレットに保管しています

GMOコイン

コールドウォレットは、インターネットから隔離されたお財布のようなものです

かそうぐも

つまりどういうこと?

カソログ

コールドウォレット(オフライン)で管理することで、ハッキングリスクなどからユーザーの資産を守ります

ユーザーの資産は、オフラインのコールドウォレットで管理し、仮想通貨の移動時は複数承認を徹底している

GMOコインでは、ユーザーの仮想通貨とGMOコインが保有する仮想通貨を分けて管理しています

また仮想通貨以外の資産も、日証金信託銀行を通じて別々で管理されており、分別管理が徹底されています

カソログ

仮にGMOコインが破綻しても、ユーザーの資産は守られます

サイバー攻撃対策

GMOコインではサイバー攻撃対策として、「アカウントの乗っ取り対策」と「システムへの侵入対策」を徹底しています

アカウントの乗っ取り対策では、主に以下の2つです

  • 2段階認証の徹底
  • ログイン履歴のメール通知

ログイン履歴のメール通知は↓のメールが届くので安心です

ログイン履歴のメール通知

システムへの侵入対策としては、

  • 外部のセキュリティ専門家によるシステム脆弱性診断
  • グループ会社と連携した脆弱性情報の収集

などがあげられます

まとめ:GMOコインは顧客満足度No. 1で取扱い通貨も豊富!

GMOコインとは何?メリット・デメリットを解説について書きました

取扱い通貨数の多さ・手数料の安さから初めての口座開設に、GMOコインを選択する人も多いです

記事のまとめ

GMOコイン(ジーエムオーコイン)は、2018年に開設された仮想通貨取引所

  • 2年連続オリコンの顧客満足度No.1
  • 取扱い仮想通貨が業界トップクラス
  • レバレッジ取引ができる手数料の安い取引所
    ※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引

GMOコインの公式サイトはこちら

カソログ

GMOコインは2年連続で顧客満足度No. 1だから信頼性が高い!

また「手数料を安くしたい」「レバレッジをかけたい」人におすすめの仮想通貨取引所です

最後に世界一の投資家ウォーレン・バフェットの名言を(勝手に)送ります。

並外れた結果を出すために、並外れたことをする必要はない

ウォーレン・バフェット
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次