MENU
カソログ
仮想通貨で失敗しない「取引所」の選びかたを発信しています。

公務員人気No. 1の都庁を退職 ITベンチャー 2019年国内・米国株、不動産投資 「仮想通貨で失敗しない」をサポートするブログです

【FP2級、ITパスポート】
【実際に使った】仮想通貨おすすめ取引所5選 ➡︎CLICK !

ビットバンクとビットフライヤーの違いを比較 |取引所の手数料や取扱通貨数を解説

カソログ

ビットバンクとビットフライヤーはどう違うの……

今回は、こんな疑問に回答します。

ビットバンクとビットフライヤーの違いは?

実際どっちがいいの?

ビットバンク(Bitbank)とビットフライヤー(bitFlyer)は、日本最大級の仮想通貨取引所です

カソログ

名前も似ているので「どっちがどっち?」と混乱しますよね

世界一の投資家ウォーレン・バフェットは「価格と価値の差を見極める」 ことが大事と発言しています

取引所の価値を比較することで、自分に合った仮想通貨取引所が見つかります

そこで今日は、ビットバンクとビットフライヤーの違いを比較 |取引所の手数料や取扱通貨数を解説について書きました

「ビットバンクかビットフライヤーで迷っている」とお悩みに対して、取扱通貨数・手数料・最低購入額・アプリの使いやすさについて分かりやすく比較しました

記事のまとめ
  • 「仮想通貨(暗号資産)の国内取引量No. 1」「セキュリティを重視したい」ならビットバンク
  • 「レバレッジをかけたい」「ビットコインの取引量が国内No. 1」ならビットフライヤー
    ※:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ゼロからの初心者にもわかりやすく解説します

こんな人におすすめの記事
  • ビットバンクとビットフライヤーの違いが知りたい
  • 名前が似ているので混乱している
  • 実際、どっちがいいのか知りたい
本記事の執筆者
  • カソログ(@kaso_log
  • 都庁を辞めてITベンチャーへ
    2019年から投資開始
  • ファイナンシャルプランナー2級、ITパスポート
カソログです

ビットバンクとビットフライヤーの違いを比較

スクロールできます

ビットバンク公式サイト

ビットフライヤー公式サイト
取扱通貨数18種類17種類
取引手数料
(販売所)
無料
(一部銘柄を除く)
無料
※別途スプレッドがあります
取引手数料
(取引所)
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)
0.01%〜0.15%
入金手数料銀行振込:無料各銀行所定額:無料
クイック入金:330円
ビットコイン
最低購入額
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
レバレッジなし2倍
サービス売りたい時に売りやすく
買いたい時に買いやすい
国内No.1の取引量
※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ
Tポイントプログラム
ビットコインをもらう
公式サイトビットバンク公式サイトビットフライヤー公式サイト

すでに途中まで読んだ人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。

タップできる目次

ビットバンクとビットフライヤーの4つの違いを比較

ビットバンクとビットフライヤーの4つの違いを比較します

取扱通貨数の違いを比較

ビットバンクとビットフライヤーの「取扱通貨数」の違いは以下の通りです

  • ビットバンクの取扱通貨数:18種類
  • ビットフライヤーの取扱通貨数:17種類
ビットバンク
ビットフライヤー
  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. リップル
  4. ビットコインキャッシュ
  5. ライトコイン
  6. モナコイン
  7. ステラルーメン
  8. クアンタム
  9. ベーシックアテンショントークン
  10. オーエムジー
  11. シンボル
  12. チェーンリンク
  13. メイカー
  14. ボバネットワーク
  15. エンジンコイン
  16. ポリゴン
  17. ドージコイン
  18. ポルカドット
  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. イーサリアムクラシック
  4. ビットコインキャッシュ
  5. ライトコイン
  6. モナコイン
  7. リスク
  8. リップル
  9. ベーシックアテンショントークン
  10. ステラルーメン
  11. ネム
  12. テゾス
  13. ポルカドット
  14. チェーンリンク
  15. シンボル
  16. ポリゴン
  17. メイカー

ビットバンクとビットフライヤーでは、取り扱っている仮想通貨が異なります

ビットバンクにあるがビットフライヤーにない通貨

  1. クアンタム
  2. オーエムジー
  3. ボバネットワーク
  4. エンジンコイン

ビットフライヤーにあるがビットバンクにない通貨

  1. ネム
  2. テゾス
  3. シンボル

ビットバンクにしかない仮想通貨は6種類、ビットフライヤーにしかない仮想通貨は5種類です

取引所の取扱通貨

仮想通貨取引は「取引所形式」と「販売所形式」で売買できる仮想通貨が違います

取扱通貨(取引所)

スクロールできます

ビットバンク公式サイト


ビットフライヤー公式サイト
取引所形式
取扱い通貨
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
モナコイン
ビットコインキャッシュ
ステラルーメン
クアンタム
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー
シンボル
チェーンリンク
メイカー
ボバネットワーク
エンジンコイン
ポリゴン
ドージコイン
ポルカドット
ビットコイン

つまりどういうこと?

カソログ

コストが安い「取引所形式(ユーザー間の取引)」で売買したいのに、取引したい通貨がない。という場合があります

ビットバンクの取扱通貨数:18種類(取引所の取扱通貨:18種類)
ビットフライヤーの取扱通貨数:17種類(取引所の取扱通貨:1種類)

手数料の違いを比較

ビットバンクとビットフライヤーの「手数料」の違いは以下の通りです

スクロールできます

ビットバンク公式サイト

ビットフライヤー公式サイト
取引手数料
(販売所)
無料
(一部銘柄を除く)
無料
※別途スプレッドがあります
取引手数料
(取引所)
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)
0.01%〜0.15%
入金手数料銀行振込:無料各銀行所定額:無料
クイック入金:330円

取引手数料(販売所)

  • ビットバンク:無料(スプレッドあり。公式サイト
  • ビットフライヤー:無料(スプレッドあり。公式サイト

販売所の取引手数料は、ビットバンク、ビットフライヤーともに無料です

仮想通貨の購入価格と売却価格の価格差をスプレッドと言い、取引所ごとに設定されています

取引手数料(取引所)

  • ビットバンク:Maker -0.02%、Taker 0.12%
  • ビットフライヤー:0.01%〜0.15%

ビットバンクは「マイナス手数料」なので、手数料はかからず報奨金がもらえます

一方、ビットフライヤーは0.01%〜0.15%です

カソログ

つまりビットバンクのMaker注文は「手数料はかからず報奨金がもらえてお得」ということです

Maker:自分で価格を提示して売買
Taker:誰かが提示した価格で売買

最低注文数の違いを比較

スクロールできます

ビットバンク公式サイト

ビットフライヤー公式サイト
ビットコイン
最低購入額
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC

ビットバンクとビットフライヤーの「最低注文数」にも違いがあります

  • ビットバンク:販売所0.00000001 BTC、取引所0.0001 BTC
  • ビットフライヤー:販売所:0.00000001 BTC、取引所:0.001 BTC

販売所の最低注文数は同じです

取引所の最低注文数は、ビットバンクのが少額から注文できます

カソログ

ちなみに販売所の最低注文数0.00000001 BTCは、時価によりますが、1円から注文できるくらい小さい単位です

最低注文数
・販売所:同じ
・取引所:ほぼ同じ

スマホアプリの違いを比較

スクロールできます

ビットバンク公式サイト

ビットフライヤー公式サイト
お気に入りや価格順など好みの表示が可能アプリ内に初心者ガイドあり

ビットバンクとビットフライヤーの「スマホアプリ」は見やすく、使いやすいです

ビットバンク

ビットバンクのアプリ画面

ビットフライヤー

・ビットバンク:変動率や価格での並べ替えが便利
・ビットフライヤー:アプリ内に初心者ガイドあり

ビットバンク(Bitbank)とは

ビットバンク(Bitbank)は、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です

2014年設立なので日本国内でも老舗の取引所になります

  • 販売所、取引所の取り扱い銘柄が多い
  • 低コストで売買できる

仮想通貨の口座開設するなら仮想通貨取引所で口座開設が出来ます

僕のおすすめは【ビットバンク】

おすすめする理由 :セキュリティと投資家からの評価が高く :手数料が安い :貸し通貨サービスがある

Twitter

ビットバンクの特徴

ビットバンク公式サイト

ビットバンクのコンセプト「Integrity」「Challenge」「One team」の3つです

カソログ

要は「言動に責任を持ち、仲間と一緒にチャレンジし続ける」ということです

暗号資産交換業の登録番号 第00004号なので、早い段階から運営しているのが分かります

ビットバンクの「3つのNo. 1」

  1. 仮想通貨取引量が国内No. 1
  2. セキュリティ国内No. 1
  3. アプリストア 国内No.1
取り扱い銘柄18銘柄
最低購入額(BTC)0.001BTC
販売所の取引手数料無料

ビットバンクでは、数千円からビットコインが買えるため、仮想通貨初心者でも気軽に始められます

またビットバンクには、販売所より取引所の取り扱い銘柄が多いため、低コストで仮想通貨の売買ができます

ビットバンクの取り扱っている18通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XYM(シンボル)
  • LINK(チェーンリンク)
  • MKR(メイカー)
  • BOBA(ボバネットワーク)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • MATIC(ポリゴン)
  • DOGE(ドージコイン)
  • DOT(ポルカドット)

ビットバンクのメリット

  • セキュリティが高い
  • アプリからワンタップで買える
  • Makerがマイナス手数料

セキュリティが高い

ビットバンクはセキュリティ国内No. 1です
※2018年10月3日 ICORating調べ

セキュリティが国内でNo. 1の理由としては、

  • オフラインのコールドウォレットを採用
  • マルチシグで強固なハッキング対策
  • 高い技術力
  • 第三者機関による高い評価

などがあげられます

カソログ

セキュリティ対策が万全のため、ハッキングされたことは1度もなく、「信頼度の高い取引所」ということです

アプリから数タップで買える

ビットバンクのアプリ画面は、とても見やすく、アプリから数タップで仮想通貨が購入できます

アプリで「取引所」が使えない会社もありますが、ビットバンクでは「取引所」「販売所」ともに利用できます

難しい操作がないため、初心者にもわかりやすい設計です

Makerがマイナス手数料

Maker手数料とTaker手数料?

取引所を利用する際は、一般的にMaker(メイカー)手数料とTaker(テイカー)手数料がかかります

  • Maker:自分で価格を提示して売買
  • Taker:誰かが提示した価格で売買

ビットバンクは、Maker手数料が「マイナス手数料」に設定されています

カソログ

「マイナス手数料」なので、手数料はかからず報奨金がもらえます

ビットコインのMaker(メイカー)注文では、手数料はかからず報奨金がもらえる

ビットバンクのデメリット

  • レバレッジ取引ができない
  • レンディングの利回りが低い

レバレッジ取引ができない

ビットバンクでは、現物取引のみで、レバレッジ取引ができません

カソログ

レバレッジ取引は2019年4月でサービスを終了しています

レバレッジをかけたい銘柄はビットフライヤーやDMM Bitcoinを利用するなど使い分けも有効です

レンディングの利回りが低い

ビットバンクは、レンディングの利回りが最大年率3%と高くありません

レンディングとは、自分の暗号資産をビットバンクに貸して増やすサービスです

  • 最大年率3%
  • 貸して1年後に受け取る
  • 利用料を加算してもらえる

ただしビットバンクのレンディングは、全仮想通貨(暗号資産)に対応しているメリットもあります

ビットバンクの特徴、メリット・デメリットは「ビットバンクとは何?メリット・デメリットを解説」で詳しく解説しています。

ビットバンクの口座を開設する方法

ビットバンク(Bitbank)の口座を開設する方法は、たったの3ステップです

また最短1日で口座開設できます

  1. メールアドレスを登録する
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 口座開設

口座の開設にどれくらいかかるの?

カソログ

開設の申請は10分程度で終わります

本人確認の審査には、1日〜1週間ほどです

本人確認に少し時間がかかるため、まず口座を開設して仮想通貨の買い時にそなえる人も多いです

ビットバンクの口座を簡単に開設する方法

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤー(bitFlyer)は、株式会社bitFlyerが運営している、日本の仮想通貨(暗号通貨)です

2014年に設立された日本国内でも運営歴の長い取引所です

頼むからまじで待ってくれ。

ちなみにこれはコインチェックのチャートやけど、国内取引所はビットフライヤーがおすすめ

創業者は元GSの方

Twitter

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤー公式サイト

ビットフライヤーの主な特徴

  1. ビットコインの取引量が国内No. 1
  2. 仮想通貨FXに強い
  3. 7年以上ハッキングされていない次世代セキュリティ
    ※:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
取り扱い銘柄17銘柄
最低購入額(BTC)販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
販売所の取引手数料無料
※別途スプレッドがあります

ビットフライヤーでは、1円からビットコインが買えるため、仮想通貨初心者でも気軽に始められます

ビットフライヤーの特徴やメリット・デメリットは「ビットフライヤーとは何?メリット・デメリットを解説」で詳しく解説しています。

ビットフライヤーの取り扱っている通貨

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. ビットコインキャッシュ(BCH)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. モナコイン(MONA)
  7. リスク(LSK)
  8. リップル(XRP)
  9. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  10. ステラルーメン(XLM)
  11. ネム(XEM)
  12. テゾス(XTZ)
  13. ポルカドット(DOT)
  14. チェーンリンク(LINK)
  15. シンボル(XYM)
  16. ポリゴン(MATIC)
  17. メイカー(MKR)

ビットフライヤーのメリット

  • ビットコインの取引量が国内No. 1
  • 初心者にやさしいアプリ設計
  • レバレッジをかけて取引できる

ビットコインの取引量が国内No. 1

ビットフライヤーは、ビットコインの取引量が6年連続で国内No. 1です
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

ビットコインは1円から購入できるのも嬉しいポイントです

初心者にやさしいアプリ設計

ビットフライヤーのアプリ画面は、シンプルでとても見やすいです

また、アプリ内に「暗号通貨初心者向け 初心者ガイド」があり、仮想通貨初心者にやさしいアプリ設計になっています

レバレッジをかけて取引できる

ビットフライヤーでは、現物取引とレバレッジ取引(最大2倍)ができます

レバレッジ=いわゆる「テコの原理」で、資金より何倍ものお金を動かしたい人は、ビットフライヤーがおすすめです

カソログ

レバレッジ取引ができる数少ない取引所です

ビットフライヤーのデメリット

  • スプレッドが広い
  • 取引所形式の取扱通貨が少ない

スプレッドが広い

ビットフライヤーは販売所のスプレッドが広めです

スプレッドが広いと、販売所の取引コストが高くなります

何回も取引をするとコストがかさむので、取引数はできるだけ少なくしましょう

取引所形式の取扱通貨が少ない

ビットフライヤーの取扱通貨数は15種類ですが、取引所の取扱通貨は1種類(ビットコイン)です

ビットフライヤーでコストが安い「取引所形式(ユーザー間の取引)」で売買できるのはビットコインのみです

取引所形式で、多くの仮想通貨を取引したい場合はおすすめしません

ビットフライヤーの取扱通貨数:17種類(取引所の取扱通貨:1種類)

ビットフライヤーの口座を開設する方法

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座を開設する方法は、たったの3ステップです

また最短1日で口座開設できます

  1. アカウントを作成する
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 口座開設

口座の開設にどれくらいかかるの?

カソログ

開設の申請は10分程度で終わります

本人確認の審査には、1日〜1週間ほどです

本人確認に少し時間がかかるため、まず口座を開設して仮想通貨の買い時にそなえる人も多いです

ビットフライヤーの口座を開設する方法

まとめ:ビットバンクは取引量No.1、ビットフライヤーはレバレッジに対応!

ビットバンクとビットフライヤーの違いを比較 |取引所の手数料や取扱通貨数を解説について書きました

記事のまとめ
  • 「仮想通貨(暗号資産)の国内取引量No. 1」「セキュリティを重視したい」ならビットバンク
  • 「レバレッジをかけたい」「ビットコインの取引量が国内No. 1」ならビットフライヤー
    ※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
カソログ

ビットバンクは仮想通貨取引量No.1という実績が強いです

一方ビットフライヤーではレバレッジに対応しているメリットがあります

複数の取引所を開設し、それぞれのメリットを活かして取引している人も多いです

値上がりしている仮想通貨があっても、取り扱いがない取引所もあります

チャンスを逃さないためにも、時間があるときに口座を準備しておくと、後悔しにくいです

ビットバンクとビットフライヤーの違いを比較

スクロールできます

ビットバンク公式サイト

ビットフライヤー公式サイト
取扱通貨数18種類17種類
取引手数料
(販売所)
無料
(一部銘柄を除く)
無料
※別途スプレッドがあります
取引手数料
(取引所)
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)
0.01%〜0.15%
入金手数料銀行振込:無料各銀行所定額:無料
クイック入金:330円
ビットコイン
最低購入額
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
レバレッジなし2倍
サービス売りたい時に売りやすく
買いたい時に買いやすい
国内No.1の取引量
※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ
Tポイントプログラム
ビットコインをもらう
公式サイトビットバンク公式サイトビットフライヤー公式サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次